「POP」をキチンと作るためには…

 

「POP用のペンを準備して」

「POPの文字を練習して」
「イラストも描けるようにならなきゃ」

 

と思っているうちに時間だけが過ぎていく…


はい、多いんです(笑)このパターン。


ペンがなければお店にあるものを使えばいいわけですし、文字だって普段自分が書いている文字をベースにすればいいんです。

 

イラストの代わりになるものだってありますよ。

 

むしろ、お店がお客さまに伝えたいことを、「どんな言葉で」「どんなレイアウトや色で」「どんな場所に置くのか」が大事。

 

私達がお教えするのは「初心者が気軽に作れる、訴求力が高いPOP」です。


それから、道の駅など地域性を出したいお店、和菓子やお酒など和風の商品を扱うお店には、

 

「筆文字POP」(写真)もオススメです。

 

「あら〜、初心者が書いても、それっぽくまとまるのね〜」と、受講したパート従業員のおばちゃん(自称)からもお墨付きをいただいてます(笑)

 

 

※筆ペンPOPの基本がわかるサイト

 

「あ、私にも書けた!誰でも今日から書ける「筆ペンPOP講座」

こちらもぜひご覧ください!